クリニック見学会について
エントリーはこちらから ENTRY

練馬光が丘内科内視鏡クリニックでは、一緒に働く看護師・臨床検査技師・医療事務を募集しています。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-3577-7149

キャリアプランと人事評価 CAREER AND
EVALUATION

当院のキャリアプラン CREER PLAN

当クリニックでは、最初に今後のキャリアプランについて、スタッフ一人ひとりとお話をさせていただきます。その際に、個人個人の仕事に対する考えや、将来像を聞いたうえでその後のキャリアを考慮し、ゴールの設定やスキル習得の提案を行っています。

このページでは、当クリニックで取得をサポートしている資格の一例をご紹介させて頂きます。生涯に渡って役立つスキルの習得を応援いたします。

  • 内視鏡技師資格の取得 ENDOSCOPE

    看護師や、准看護師、臨床検査技師、臨床工学技士、診療放射線技師など、技師制度審議会が定めた日本の国家認定の医療関連者法定免許を有している方が、一定期間内視鏡の実務経験を積み、試験に合格すると得られる資格です。

    (詳細は日本消化器内視鏡技師会のホームページをご参照ください)

  • 幅広いスキルの習得 SKILL

    当クリニックでは、受付スタッフこそがクリニックの顔であり主役だと考えており、患者様への接客接遇を重視しています。人当たりの良さがご自身の長所だと思う方は、ぜひ当クリニックで力を発揮してください。また、当院ではレセプトなどの事務作業以外にも幅広い業務がありますが、経験豊富な先輩スタッフが丁寧に指導致します。「沢山のことを身に付けたい」という学ぶ意欲があれば、経験の有無は問いません。当クリニックで培われた経験と技術は、生涯にわたって役立つでしょう。

  • 支援型リーダーとして
    経験を積む
    LEADER

    支援型リーダーとは、「リーダーはまず相手に奉仕し、その後相手を導くものである」という、アメリカのロバート・グリーンリーフ博士が提唱したリーダー哲学です。リーダーが支配するのではなく、奉仕の気持ちを持って、スタッフが力を最大限に発揮できる環境作りに全力を注ぐという、未来型のリーダー像です。将来起業したいという方や、人を輝かせる仕事がしたい方は、当クリニックで支援型リーダーとしての経験を積んでみてはいかがでしょうか。

看護師のキャリアステップ NURSE

  1. 1 年目
    内視鏡補助・手術介助の基本を学ぶ

    先輩スタッフの指導の下、内視鏡補助や手術介助などの基本業務を学んでいきます。指導係や医師たちが丁寧に指導しますので、少しずつ場数を踏んで現場に慣れていってください。

  2. 2 年目
    内視鏡補助・手術介助の
    基本を習得する

    付き添いがなくても内視鏡補助や手術の介助ができる状態です。アドバンスは先輩看護師や医師がサポートしますので、分からないことは周りへ質問してください。しっかりと段階を踏んで自立を目指していきましょう。

  3. 3 年目
    適切な外来業務が可能

    診療に関する基本的な業務ができるようになった段階で、外来業務について学び始めます。患者様との関わり合いがより深いお仕事ですから、相手の態度や状況に応じて、臨機応変に役割を果たせるようになりましょう。

  4. 4 年目以降
    新人教育を行う

    看護師として一通りの業務を習得できたら、新人看護師を指導する側になります。自分が新人時代に教わった時を思い出して、内視鏡補助や手術介助の知識と技術を指導してあげてください。教えるということは、自分がしっかりと習得できていなければできないことです。指導者の立場になることで、より自身の学びを深め、スキルアップをするための糧としてください。

  5. 5 年目
    人事管理・コスト管理の習得

    一通りの院内業務が行えるようになった方には、クリニック経営に携わってもらいます。人事やコスト管理は、医療や患者様との直接的な関りがない仕事ですが、大切な仕事の一つです。経営者の視点を学び、医院経営をサポートしてください。

  6. 6 年目
    学会発表ができる

    看護師からの希望があれば、これまで習得してきたことを基に、学会での発表にチャレンジできます。医院全体でサポートしますので、キャリアアップの一環として挑戦してみてはいかがでしょうか。

臨床検査技師のキャリアステップ TECHNICIAN

  1. 1 年目
    基本業務を学ぶ

    指導係の先輩から指導と助言を受けながら、臨床検査技師としての基本業務を学びます。まずは一人でも業務ができるようになることを目標にしましょう。分からないことがあれば、遠慮せず指導係に質問してください。

  2. 2 年目
    難易度の高い検査を習得

    基本業務が習得できたら、さらに難易度の高い業務へ挑戦していきます。必要に応じて指導係から助言を受け、着実にスキルアップしていきましょう。

  3. 3 年目
    独り立ちを目指す

    経験を積み重ね、基本業務から難易度の高い検査業務まで一人で取り組める、一人前の臨床検査技師を目指してください。

  4. 4 年目以降
    マネジメントなど
    幅広い業務へ携わる

    検査業務以外にも、マネジメントや後輩指導・育成など幅広い業務へ携わって頂きます。一緒に医院を盛り上げていきましょう。

医療事務(メディカルクラーク)のキャリアステップ MEDICAL CLERK

  1. 1 年目
    受付・会計・レセプト業務の基本

    まずは医療業務の基礎である受付・会計・レセプト業務(診療室内うちこみ)、それらにプラスして患者様や業者への対応について学んでいきます。先輩スタッフが優しく指導をしますので、安心して業務に就いてください。

  2. 2 年目
    受付業務がスムーズに行える

    受付スタッフは「クリニックの顔」ともいわれており、言葉遣いや態度がそのまま患者様へ与えるクリニックの印象となります。先輩スタッフからしっかりと接遇マナーを学び取り、受付業務を円滑に行えるようになってください。会計やレセプト業務も含めて、一人でこなせる状態を目指しましょう。

  3. 3 年目
    受付・会計業務を新人へ指導できる

    一人で業務を行えるようになった方には、受付や会計など基礎の業務を新人に指導する側になってもらいます。自分が学んできて理解しにくかった部分や大変だったことなど、今までの経験を活かして、優しく丁寧に指導してあげてください。

  4. 4 年目
    レセプト業務をこなせる

    複雑で難しいレセプト業務ですが、あきらめずこつこつと学び続ければ、必ず習得できるようになります。分からないことは先輩スタッフや医師、院長へ相談して、ミスのないように業務を行ってください。

  5. 5 年目
    医療クラークの習得

    医療クラークは、保険診療の決まりに則り、診療内容の保険請求を行うことです。保険診療についてより深く学び、医療事務として培ってきた知識と併せて業務に取り組みます。

  6. 6 年目
    医療クラークの指導ができる

    医療クラークの業務を習得した後には、後輩への指導にまわって頂きます。自分自身が完璧に業務を理解できていなければ、指導も上手くできません。その時は初心に返ってしっかりと理解を深め、後輩への教育に役立ててください。

人事評価制度について

当クリニックの評価制度や給与体系の基本は、「同一労働同一賃金」です。勤続年数の長さや役職の高さで給与が決まるわけではありません。資格がある方や成果を出した方には正当な評価を行い、手当を上乗せさせていただいております。

例えば、当クリニックで働きながら内視鏡技師資格を取得された方や、すでに持っている状態で勤務を始められた方には、給与に対して手当てを上乗せ致します。内視鏡の専門知識を自ら勉強し、技師免許を取得したことを評価しているためです。その他、エコー検査ができる技師、患者様や同僚のスタッフに対するアンケートで特に評判の良い受付スタッフに関しても、手当を上乗せさせて頂きます。

当クリニックでは、実務を体験させながら業務を覚えていただく「OJT(On the Job Training)」を採用しています。各種業務にはマニュアルもありますので、働きながら学んでいき、資格を取ることも十分に可能であると考えています。元々資格を持っている方が有利な評価制度だと思わず、働きながらスキルアップができる機会を得たと考えていただければ幸いです。

ご参考までに、手当が出る具体例をご覧ください。

クリニックで手当が支給される具体例 EXAMPLE

各種手当をご用意しております!
  • 内視鏡技師資格手当
  • エコー技師手当
  • 支援型リーダー手当
  • 高評価者手当
  • 日曜出勤手当その他

募集要項 REQUIREMENTS

タップで電話する クリニック見学会 エントリー